カーリースの契約期間を選ぶ上で意識するべきポイントとは?

公開日:2021/12/15

「我が家は車についてはカーリースを利用する選択がベストそうだ」と判断した時、次に困るのは「契約期間をどうしようか」ということではないでしょうか。今回は、カーリースの契約期間について、長期と短期のメリット・デメリットを比較し、あなたが自分に適した契約期間を決められるようお手伝いします!ぜひ参考にしてください。

短期のリース契約のメリット

まず、短期のリース契約のメリットです。

支払う利息が少ない

住宅ローンを想像してください。同じ金額をローンで借りた時、返済期間が短い方が利息は低く設定されることが多いですよね。カーリースでも同じことがいえます。短期のリース契約は、長期と比べると、支払う利息が少なくてすむのです。つまり、トータルで支払う額も少なくなります

新車に乗れる回数が多い

契約期間が短いということは、車をこまめに乗り換えるということです。そうなると、新車に乗ることができる回数は自然と増えますよね。飽きっぽい性格の方や、新車にこだわりのある方には大きなメリットになるでしょう。

契約終了時の想定残価が高い

「契約者が契約期間支払う価格=実際の車両価格-契約終了時の想定残価」です。住宅を中古として売り出したい場合も、早く手放した方がより価値が高いですよね。カーリースでも、契約時間が短いほど契約終了時の想定残価が高くなります。実際の車両価格から引かれる価格が大きくなりますから、契約者が契約期間支払う価格も小さくなります。

3年未満なら車検代が不要

1回目の車検の有効期間は3年です。つまり、この3年を満たす前に返却してしまえば車検代を支払う必要がなくなるというわけです。

短期のリース契約のデメリット

では、短期のリース契約のデメリットとはなんなのでしょうか。

月々の支払額は多くなる

こちらも住宅ローンを想像してください。短期で返済すれば金利は少なく済み、支払総額は少なくてすむのですが、ひと月の返済額は多くなりますよね。カーリースでも同じことが起きます。長期で借りるより、月々の支払いが多くなってしまうのがデメリットです。

利用後は基本的に車を返すことになる

リース会社によっては利用後車をもらえたり購入できたりすることもありますが、それは長期でリースをした場合の話。短期のリース契約では、車をもらえるということはありません。

長期のリース契約のメリット

短期の契約のメリット・デメリットをみてきましたが、次は長期の契約について説明します。

月々の支払額が少ない

住宅ローンを長期で返済するときのメリットと同じですね。金利は高くなりますが、月々の返済額は少なくなります。これは大きなメリットといえるでしょう。

面倒な手続きの回数が減る

カーリースの契約を結ぶのは案外手間もかかるもの。長期で借りるということは、乗り換える回数も少なくなりますから、この契約のための手続きの回数も減ります。

サービスによっては契約期間終了後に車をもらえる

場合によっては契約終了期間終了後に車をもらうことができます。もちろんそれなりに年季が入っていることになりますが、それでも自分で車を所有したいという方には魅力的なメリットですね。

長期のリース契約のデメリット

メリットが理解できたら、デメリットも確認しておきましょう。

短期と比較し、トータルの支払い額が多い

何度も出てくる住宅ローンの例ですが、同じ金額を借りれば長期で返済したほうがより金利が高くなり支払総額が多くなります。カーリースでも同じ現象が起きます。

乗っている車に飽きることがある

後述するのですが、飽きたからといって中途解約したり契約期間を短くしたりすることは基本的にできません。途中で飽きて乗り換えたくなることが予想される人は、短期のカーリースの方が向いているでしょう。

カーリースの契約期間を選ぶ上で意識するべきポイント

便利なカーリースですが、注意するべきポイントがあります。以下にまとめました。

基本的に中途解約できない

カーリースは基本的に中途解約できません。中途解約となると違約金だけではなく、残りのリース期間で支払う予定だった料金を一度に全額請求されることもあります。

契約開始後は期間の年数を変更できない

中途解約ができないのであれば、契約期間を短くすることはできるのでしょうか。あるいはリースしている車が気に入って期間を伸ばしたい場合は?残念ながら、契約開始後は契約期間の年数を変更できません。

中途解約ができないことからもわかるように、契約時に契約期間はよく考えて決める必要があります。

・子どもの成長に合わせて車を変えたくならないか?
・転勤や引っ越しの可能性は?
・マイホームを購入したら、支払いはつらくならないか?

など、先を見越して考えるようにしましょう。

 

カーリースの短期と長期の一番大きなメリット・デメリットは、コインの裏と表のようなもの。月々の支払いを高くして支払総額を少なくするか、支払総額は多くても月々の支払額を少なくするか、です。もちろん契約期間中に生活様式が変わることも考慮しなくてはなりませんが、いちばん大きな影響を持つのはやはり金額でしょう。カーリースの契約期間は、どちらの方があなたの家計に優しいのかを考えて決めるようにしましょう。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧