カーリースにかかる費用を安く抑える方法について解説!

公開日:2021/12/01

車のサブスクリプションであるカーリース。気になっている方もいらっしゃることでしょう。実際に車を購入するとなると「もう少し安くなりませんか?」と交渉するイメージがつくかもしれませんが、カーリースはどうでしょう。値引き交渉はできるものなのでしょうか。今回はお得なカーリースをさらにお得に利用できる方法をお伝えします。

カーリースは値引き交渉可能?

まず、カーリースは値引き交渉可能なのでしょうか。

値引き交渉は基本不可

カーリースの仕組みを再度確認してみましょう。

1.新車を選ぶ
2.カーリース会社がその車を購入する
3.カーリース会社に定額を支払い選んだ車を利用する

これがカーリースの仕組みになりますが、2のカーリース会社が車を購入する時点で既に値引き交渉は行われています。もとから、それなりに低額でリースされているということです。そのため、値引き交渉はほぼ不可能といえるでしょう。

オープンエンド方式なら月額料金を下げられる可能性がある

契約満了時に追加清算があるオープンエンド方式でリースをすれば月の支払いを値引きできる可能性があります。「契約者が支払う価格=実際の車両価格-契約終了時の想定残価」となります。

ここから、残価が大きければ契約者が支払う分が少なくてよいことが分かりますね。しかし、残価の設定が高いほど契約満了時に差額の精算を行わなければならないリスクが高いので、そこは注意が必要です。

返却時に残価精算がないクローズドエンド方式というものもあります。こちらは残価が公開されないため、値引き交渉ができません。しかし、契約満了時に差額を請求されないというメリットもあります。

カーリースにかかる費用を安く抑える方法

気になるのは、カーリースの費用を安くする方法でしょう。ここからは、その方法について詳しく紹介します。

契約期間を長くする

カーリースの月額料金は契約期間によって決まります。長く設定すれば月々のリース料金を安くできるのです。一般的には3~7年の契約プランが多く見受けられます。

頭金を支払う・ボーナス併用払いを利用する

住宅を購入する際の月額のローン返済を想像していただくとわかりやすいでしょう。頭金を多く支払ったり、ボーナス併用払いを利用したりすることで月々のローン返済額は抑えることができますよね。これと同様のことがカーリースでもいえます。

しかし、頭金の支払いやボーナス併用払いはカーリース会社によっては利用できないため確認が必要です。

走行距離制限を短くする

カーリースでは契約時にリース期間中の走行距離上限を設定します。この走行距離が短いほどリース料金も安くなります。長距離運転をしないことが見込まれるならば、あらかじめ短めに設定しておくと費用を安くできます。

しかし、設定した走行距離を超えてしまうと超過分の料金を支払わなくてはならないので、短く設定しすぎないようにしましょう

プランを見直す

車検や点検、整備にかかる費用、消耗部品の交換費用などのメンテナンス費用が定額になるプランなどがあります。これらのプランに入っている場合、プランのランクを下げることも検討してよいでしょう。しかし、ランクを下げすぎたり、プランを外してしまったりすると損をすることもあるのでよく考えるようにしてください。

中古車のカーリースを利用する

実は中古車のカーリースもあります。もちろん新車を借りるより費用は安くなります。しかし、新車よりもリース期間が短めになるケースがあるため、契約できる期間は確認ポイントです。

期間限定価格を狙う

カーリース会社によっては、特定の車種を期間限定の特別価格でリースしている場合があります。そのため、定期的にサイトをチェックして自分好みの車種が値引きされていないか見てみるとよいでしょう。

カーリース費用に関する注意点とは?

カーリースを利用する際の注意点も確認しておきましょう。

中途解約すると違約金がかかる

中途解約をすると違約金がかかります。これは利用者の意志だけではなく、たとえば事故などで車両が全損して走行できなくなった場合も強制解約となります。違約金だけではなく、残りのリース料金もまとめて支払う可能性もあるので注意しましょう。

契約満了時には原状回復費用がかかる

こちらは賃貸住宅をイメージしていただけるとわかりやすいでしょう。賃貸住宅を退去する場合は、原状回復費用を取られますよね。車のリースでも同じことが行われています。

そのため、ドレスアップやカスタマイズは違約金が発生する可能性があります。過度な汚れや傷も同様です。原状回復費用が補償されるプランがある場合もあるので、そちらを検討してもよいでしょう。

 

カーシェアやレンタカーは「わナンバー」「れナンバー」のプレートで、自身の車でないことが一目瞭然です。また、カーシェアは他の会員が利用していると使えません。

しかし、カーリースは自身で購入したように車を扱うことができます。ナンバーも好きなものに決められます。車の購入は難しい、けれど「レンタカーやシェアするのはちょっと…」という方は、カーリースを選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索