ブラックリスト入りしていてもカーリースの審査には通る?

公開日:2022/09/15


ブラックリストに一度載ってしまうと、新たなクレジットカードを契約したりローンを組んだりするのが難しくなりますが、どうしても生活に車が必要という方もいます。ここでは、過去に何度か支払いが遅れるなどしてブラックリスト入りした人が、カーリースを利用することはできるのかを解説していきます。

ブラックリスト入りしてもカーリースは利用できるのか

ブラックリストに載っているといっても、状況は人によって異なります。ブラックリスト入りしていてもカーリースが利用できる人もいれば、できない人もいるのです。ただ、カーリースの審査は一般的にカーローンよりも緩いと言われています。

理由として、カーリースの車の所有者はリース会社であるという点が挙げられます。審査会社としては万が一のことがあってもリース会社に担保してもらうことができます。また、カーリースの場合は残価設定でカーローンと比較して車両価格を下げることができます。審査の対象となる金額自体がおさえられるため、審査が通りやすくなるのです。なるべく車両価格自体が安い車を選ぶことも審査に通りやすくするポイントです。

ただ、カーリースであっても審査自体は必ずあります。カーリース会社も契約期間中に延滞することなくきちんと料金を支払ってくれるかどうかを、信用面と支払能力の両軸で確認します。支払い能力は年収で判断されますが、審査基準は会社によって異なるため、もしカーリースの審査に落ちてしまっても、別のカーリース会社の審査なら通るということも考えられます。何社かトライしてみる価値はあるといえるでしょう。

ブラックリスト入りしているか確認する方法

自分がブラックリストに載っているかは、個人信用情報を管理する会社に情報開示請求を行うことで確認することができます。金融機関系であれば「全国銀行個人信用情報センター」、クレジットカードなどの場合は「株式会社 シー・アイ・シー」や「株式会社日本信用情報機構」という会社が管理しています。

株式会社 シー・アイ・シーでは窓口、郵送、インターネット、スマートフォンいずれの方法でも申し込みが可能です。心当たりのある情報の管理会社に情報開示請求をしてみてください。情報開示請求をするには500円~1,000円程度の手数料がかかることも覚えておくとよいでしょう。

カーリースの審査基準とは

カーリースの審査基準は会社によって異なりますが、一般的な審査の際に見られるポイントをおさえておけば、対策がしやすくなります。

まずは年収です。月額料金をきちんと支払うことのできる経済的基盤があるかどうかが見られます。一般的に年収200万円以下は審査が通りにくいと言われています。

また雇用形態は正社員が最も有利で、アルバイトや派遣、自営業の場合は不利になります。勤続年数は3年以上あると審査に有利に働きます。仕事を辞めると収入がなくなって支払いが滞ってしまいます。仕事を継続できている人は、そのリスクが低いと判断されます。また、持ち家があると資産があると認識されるため審査にプラスになります。ただ、持ち家がプラス要因になるだけで賃貸住まいであることが審査落ちの原因になることはほとんどありません。

最後に債務履歴です。過去のデータに加え、現在支払っているローンの内容も確認されます。年収に対して既に抱えているローンが多い人は審査に通りにくくなります。

ブラックリスト入りしている人でも審査に通る方法はある?

ブラックリストに載っていても審査を通すことのできる方法がいくつかあります。

まず連帯保証人を立てることです。一般的には家族など身内に依頼をします。連帯保証人には安定した収入と、金融事故などの履歴がないことが求められます。年金暮らしをしている高齢の両親などは連帯保証人として不十分とみなされることが多くなります。

また、ブラックリストから自分の情報が消えるまで待つという方法もあります。金融事故の情報は5年~10年程度で削除されます。事故をおこしたのが数年前であれば、ブラックリストから自分の名前が消えるのを待つのもよいでしょう。自社ローンのカーリースを利用する方法もあります。自社ローンのカーリースは、カーリース会社自身が独自で審査をするので、信販会社を通すカーリースと比べて審査に通る可能性が高いと言われています。

ただ、自社ローンを取り扱うカーリース会社自体が少なく、車種が限られる、支払いが少しでも滞ると車を回収されてしまうといった点もあるので、しっかりと考えてから利用を決めましょう。

まとめ

一度ブラックリストにのってしまうと、日常生活のさまざまなところで制限を受けることになります。なるべく金融事故を起こさないよう無理のない返済計画をたてましょう。ブラックリストに載ってしまったとしても、カーリースであれば審査を通せることがありますし、連帯保証人をたてる、ブラックリストから消えるのを待つ、自社ローンのカーリースを使うなどで審査を通す可能性を高めることもできます。ブラックリストに載ってしまったけれど、生活には車がどうしても必要な場合などは、ぜひ本記事を参考に審査を受けてみてください。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧