カーリースのタイヤ交換はどうする?依頼先や費用負担は?

公開日:2022/08/15


カーリースを利用していると悩むのが、タイヤ交換です。「誰が行わなければならないのか」「ガソリンスタンドやカー用品店などで作業を依頼した場合、タイヤ交換の費用は誰がどのように負担するのか」など、多くの疑問があるかと思います。ここでは、タイヤ交換タイミングや交換場所、リース車のタイヤ交換の費用負担について解説します。

タイヤ交換の最適なタイミング

タイヤ交換の時期を誤ると事故の原因にもなりかねません。ここでは、一般的なタイヤ交換の最適なタイミングを解説します。

走行距離で判断すべし

タイヤは走行距離が増えると徐々に溝が減っていきます。溝がなくなると、雨の日等の運転でスリップしやすくなり危険です。新品タイヤの溝は約8ミリ程度とされており、5,000キロ走行するとタイヤのゴムは1ミリ減るとされています。したがって、少なくても3万キロの走行ごとにタイヤを交換することが求められます。また安全を最大限求めるのであれば、2万キロ走行ごとに交換するのがおすすめでしょう。

使用年数で判断すべし

4年から5年程度で必ず取り替えましょう。走行距離が年間1,000キロから3,000キロ程度だと、走行距離だけだと10年程度同じタイヤでOKと思われるかもしれません。しかしタイヤは使用しないでも劣化するもので、古いものは危険です。そもそもゴムは時間の経過とともに弾力性を失い、ヒビが入るなど問題が生じることも少なくありません。特に使い始めてから5年以上たったタイヤは問題が発生する可能性が高いため要注意です。

タイヤの状態で判断すべし

タイヤにひび割れや傷があると、そこからさらに傷が広がり最終的にはバースト(パンク)する可能性が出てきます。またパンクしていないものの、小さな釘が刺さっている状態も危険です。以上の状態に陥っている場合は、タイヤの交換時期にきています。ヒビに関してはあまり気にしていない人もいますが、1ミリ以上の深さに到達していると大きな損傷になりかねません。タイヤが激しく破損するきっかけにもなるので、すぐに交換しましょう。

スリップサインで判断すべし

スリップサインとはタイヤの溝の間につけられた印であり、タイヤの溝が深さ1.6ミリ以下になったら浮き出ます。そもそもタイヤの溝が1.6ミリ未満になると整備不良とされ、車検が通りません。当然溝がなくなってきているためスリップが起こりやすく、早急なタイヤ交換が必要です。

タイヤ交換をするならどこがよいか

カーリースのタイヤ交換はどうすればよいのでしょうか。実は指定がある場合とない場合に分けられます。指定されている場合はその場所でタイヤ交換を実施しますが、ない場合は特にどこで行っても問題ありません。指定されていない場合のタイヤ交換先をここで紹介します。

ガソリンスタンド

全国各地にあり、利便性が高いのが最大の魅力です。給油したついでにタイヤの交換もできるため、時短にもなります。またタイヤ交換にかかるコストは他の業者と比較しても安価であり、お金をかけたくない人にもおすすめです。ただ品揃えは少なめであり、希望のタイヤがある場合は取り寄せになるケースも有り時間がかかることも少なくありません。

ディーラー

高い技術力を持つ整備士が対応してくれるのがディーラー最大の魅力です。タイヤ交換だけではなく、同時に足回りなどの全体の点検も実施してくれます。ただ取り扱いのタイヤの種類が少なく、しかも持ち込みできないケースも多いです。その上タイヤ本体の費用および交換にかかる工賃が高めに設定されているためコスト重視の人には向いていません。

タイヤ専門店

純正タイヤだけではなく、安いタイヤも多く取り揃えているのが特徴です。品揃えが豊富であり、好みのタイヤを自由に選べます。タイヤ交換費用も安く設定されており、コスト重視の人にも向いています。ただあくまでタイヤ専門店なので、車全体のメンテナンスは行われないので注意しましょう。

カー用品店

タイヤの種類も多く比較的安価なので、使い勝手の良さがあります。タイヤ以外にもバッテリーおよびオイルなど、各種メンテナンス用品もあるので車全体の整備をするにも適しています。

リース車のタイヤ交換費用は借主負担なのか

リース者のタイヤ交換費用を誰が負担するのかは、契約方法やプランによって異なります。そのため、分からない場合は業者に問い合わせましょう。簡単に説明すると、メンテナンス費用が含まれないファイナンスリースの場合の費用は別途支払うことになります。

一方でメンテナンス費用が含まれるメンテナンスリースは業者持ちなので、負担する必要はありません。ただ、もちろん月々の費用はファイナンスリースのほうが安価であり、メンテナンスリースのほうが高額です。したがってどちらを選ぶかは、コストとの兼ね合いになるでしょう。

まとめ

カーリースのタイヤ交換について解説しました。カーリース利用中でもタイヤが劣化することはあり、走行中に大きな問題を起こす可能性もゼロではありません。したがって劣化のサインを見つけたら、なるべく早く対処しましょう。カーリース時のタイヤ交換費用は、契約内容によって負担が異なります。状況によっては利用者負担となるので気をつけましょう。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧