もしカーリースでもらい事故に遭ったら?対処法や保険について解説!

公開日:2022/10/15


気をつけて安全運転をしていたとしても、運悪くもらい事故に遭ってしまうことも考えられます。カーリースの場合の車の所有者は自分ではありませんが、もらい事故にあったらどうすればいいのでしょうか。本記事では、カーリース車でもらい事故にあった際の対処法についてご紹介します。

もしもリース車でもらい事故に遭ったら?

そもそも「もらい事故」とは自分には過失のない事故のことを言います。たとえば「信号待ちで停車中に後ろから追突された」「駐車場に駐車していた際、他の車にぶつけられた」といったものが、もらい事故の代表例になります。このような状況で起こった事故は過失割合が自分0:相手100のもらい事故となります。

ただ、自分が起こした事故でなくても、双方の不注意だったと判断されるケースもあります。その場合はもらい事故とはみなされません。自分に過失はなく相手の過失が100%の場合は、カーリースであっても損害賠償を請求することができます。カーリースは基本的に月々のリース代金に修理費は含まれておらず、事故で修理が必要になった場合は自己負担で修理する必要があります。

ただ、もらい事故の場合は相手方に損害賠償請求をすれば修理費を自己負担する必要はなくなります。もらい事故でも車が走行不能になってしまった場合、リース車は強制解約となります。解約時には残り期間のリース代金と設定されている残価、事務手数料などが発生しますが、損害賠償ではそうした費用も請求できます。ただ、これらの手続きを行うのは車の所有者であるリース会社で、リース車の利用者から請求するわけではありません。

もらい事故の対処法

事故に遭ったら、まずは自分や相手、同乗者などにけが人がいないかを確認して、けが人がいる場合は救護を最優先で行います。安全な場所に避難させ、必要に応じて救急車を呼びます。けが人の確認のあとは、二次災害が起こらないよう安全で他の車の交通を妨げない場所に車を移動させます。

ハザードランプをつける、停止表示機材を置くなどして危険防止措置をとってください。危険防止措置を終えたら警察に連絡をいれて現場検証をしてもらいます。現場検証によってもらい事故が証明できます。警察には事実を明確に説明するようにしましょう。事故の際に警察に連絡を入れることは運転者の義務として道路交通法で定められています。小さな事故であっても必ず警察に連絡をしましょう。事故の責任がどちらにあるかに関係なく、相手と連絡先の交換は行っておきます。相手の氏名、住所、電話番号、車両番号などをメモしておきましょう。免許証の写真も撮っておくといいでしょう。

相手が任意保険に加入している場合は、保険会社の名称や証券番号、契約者の名前、連絡先の確認もしてください。保険会社への連絡を済ませたら、最後に車の所有者であるリース会社に連絡をします。事故時にリース会社に報告することは利用者の義務となっています。リース会社も車の所有者として処理対応を行います。事故の初期対応が落ち着いたら、必ずカーリース会社の窓口に連絡をいれます。「後でいいかな」と先延ばしにせずなるべく早く連絡をしましょう。

専用の任意保険に加入していると安心

任意保険のにはカーリース専用の保険もあります。カーリース専用保険は補償がリース車に特化した内容になっており、リース契約とセットで契約することもできます。一般的な保険と違い、リースの契約期間と保険の契約期間を合わせることができますし、長期のリース契約であれば保険料も安く抑えることができます。

カーリース専用の任意保険はリース期間中の更新もないため、契約期間中に事故をおこしても保険料があがることもありません。カーリース保険の提携保険会社はリース会社によって異なります。提携している保険会社の任意保険であれば割引や優遇制度が用意されていることも多いので、カーリースを契約する際はどのような保険が用意されているか確認しておくといいでしょう。

どんなカーリースサービスを選ぶとより安心?

カーリースを選ぶ際は、月額料金がなるべく抑えられる会社を選ぶことがお勧めです。そうすることで任意保険に加入しても月々の支払金額が高くなりすぎることも防げます。車両本体価格の安い車が用意されているリース会社や、長期契約で月額料金を下げられるリース会社を選ぶのが月額料金を安くするコツです。

事故に遭った際のサポート体制についてもチェックしておくともしものときに安心です。利用者の声など口コミを確認しておくといいでしょう。

まとめ

リース車運転時のもらい事故でも、普通の事故同様の初期対応が必要となります。警察や消防、保険会社への連絡が終わったら必ずカーリース会社へも連絡が必要です。カーリース専用の任意保険に加入しておけば安心ですし、過失割合が0:100のもらい事故であれば本来自己負担となる修理費用も損害賠償請求で賄うことができます。カーリースでもらい事故に遭ってしまったときは、こちらで紹介した内容を参考にして対応をしてください。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧