カーリースとカーシェアリングはどちらがおすすめ?双方の特徴を知ろう!

公開日:2021/12/01

カーリース、そしてカーシェアリングはどちらも車を購入せずに車に乗れるサービスです。しかしその内容は大きく異なり、カーリースは毎月定額料金で車を利用するサービスで、カーシェアリングは複数名の会員登録した人たちが特定の車を共同でシェアするサービスです。この記事では、カーリースとカーシェアリング双方の特徴をご紹介します。

カーリースを選ぶメリット・デメリット

カーリースは月々決められた料金を支払い、リース会社から車を借りるサービスです。ここではカーリースを選ぶメリットとデメリットについて、まとめています。

メリットについて

購入ではなくあくまで借りているだけなので、頭金などの初期費用を用意する必要がありません。また、車種も自由に選択できて、なかには国内メーカーの全グレードおよび全車種を扱っている会社もあります。

そして契約期間が満了したらリース会社に返却となりますが、廃車の手続きがないので楽です。また、法人なら料金を全額経費として計上できるため、節税にもつながります。

デメリットについて

カーリースは契約期間満了後に返却するため、いくら気に入った車でも自分の物にはなりません。そのため勝手に改造することは不可能です。

そして途中で契約内容を変えたり、中途解約したりすることもできません。また、車の消耗を防ぐために月間または年間走行距離に制限が設けられるケースがほとんどで、オーバーしてしまった場合は追加料金が発生します。

その他、契約方式によっては残価清算を行うケースもありますが、車両の価値が契約満了時に下がっていたら差額を請求されてしまいます。そのため、契約内容も事前に確認しましょう。

カーシェアリングを選ぶメリット・デメリット

カーシェアリングは事前に会員登録を行い、予約して車を利用します。店舗ではなく、指定されたカーステーションへ行けば車は利用可能です。ここからは、カーシェアリングを選ぶメリットとデメリットについて、見ていきましょう。

メリットについて

最大のメリットは、予約さえ空いていれば24時間いつでも短時間から利用できる点です。また、必要な時に必要なだけ車を借りるサービスのため、自分でガソリンを入れる必要もなし!もちろん、車検代や保険料なども発生しません。

実際の利用時間ですが、短時間だと10分~でも可能です。また、店舗へ車を取りに行く必要がなく、予約したらすぐに利用できるのも見逃せない魅力です。

デメリットについて

「借りた場所」へ戻す必要があるため、用件が終わったからといってその場に乗り捨てることはできません。また、決められた返却時間を過ぎてしまうと超過料金が発生するため、借りる時は移動にかかる時間などをよく考慮する必要があります。

また、長時間だと料金も割高になります。そのため、6時間や12時間といった、長い単位で借りられるレンタカーと上手に使い分けるとよいでしょう。

カーリースがおすすめな人の特徴

ここではカーリースがおすすめな人の特徴について、まとめています。

なるべく安く車に乗りたい人

車を購入する際は、ある程度まとまった初期費用が必要です。しかし、カーリースなら毎月定額費用を払うだけなので、手ごろな値段で車に乗りたい人にぴったり!自賠責保険料や税金も料金に含まれているので、お得です。

また、中古車を買うよりも安く新車に乗れるので、「安く抑えたいけれど、中古車は避けたい」という人にも合っています。

いろいろな車に乗ってみたい人

車には、実にさまざまな車種があります。カタログを眺めていると、思わず目移りしてしまうこともあるでしょう。カーリースでは契約満了時に返却をするため、満了後は違う車種を選んで乗り換えるのもOK。「短期間でいろいろな車に乗ってみたい」という人に合っています。

また、カーシェアリングでは予約がいっぱいだと借りられない時もありますので、通勤や家族の送迎など車を日常的に使う人にもおすすめです。

カーシェアリングがおすすめな人の特徴

では、逆にカーシェアリングがおすすめな人は、どんな特徴のある人でしょうか?

頻繁には車に乗らない人

カーシェアリングは、必要な時にだけスポットで、短時間なら10分~といった単位で車を借りるサービスです。そのため、毎日ではなく時々しか車に乗らない人、それも限られた時間しか利用しない人に向いています。

こだわりの車種がない人

カーシェアリングでは、利用できる車種があらかじめ決まっているケースが多いです。そのため、「この車種に乗ってみたい」といった車種に対するこだわりのない人に合っています。

共同利用でも抵抗がない人

カーシェアリングは、不特定多数の利用者で同じ車を利用するサービスです。また、利用後もその都度清掃することなく返却されます

もしかしたら、あなたが車を借りるほんの10分前まで誰かがハンドルを握り、座席に座っていたかもしれません。そのため、不特定多数の人と共同で車を利用しても気にならない人なら、向いているでしょう。

 

「カーリースとカーシェアリングはどちらがおすすめ?」というテーマに基づき、双方のメリットとデメリットを含む特徴をまとめてきました。どちらも購入するのではなく借りるため「まとまった費用が要らない」といった部分は共通していますが、ライフスタイルや車種へのこだわりなどから、向き不向きが変わってきます。まずは自分の生活やこだわりを考慮して、カーリースとカーシェアリングどちらが向いているか、判断しましょう。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧