オープンエンドorクローズドエンド?カーリース契約方法を解説

公開日:2022/02/01

近年取り扱う企業が増えてきて、注目を集めているカーリース。月々の料金に車検代や自動車税などが含まれていて、お得に車を維持できるという特徴があります。そんなカーリースの契約方法には、主にオープンエンド方式とクローズエンド方式があります。今回は両者の違いを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

カーリースの契約方法は大きくわけて2つある

カーリースの料金や対応している車種、プランに含まれている内容などは利用するカーリース会社によって異なります。その会社の中でも、メンテナンスプランに何が組み込まれているのか、どのようなオプションがついてくるかが変わってきます。

どのカーリースを利用しても共通しているのはその契約方法です。オープンエンド方式、クローズエンド方式という契約方法について詳しく説明していきます。

オープンエンド方式

オープンエンド方式とは、カーリース終了後の車の残価を提示したうえで契約する方法です。残価とはその時点で車が有している価値のことであり、カーリースの契約が終わった時点で査定額と残価を精算します。この残価は、カーリース終了後の車の状態や市場価値を想定してカーリース会社が設定します。

メリット・デメリットは?

オープンエンド方式ではカーリース会社が設定した残価に基づいて月額料金を設定します。残価を高く設定すると月々の料金を安くなるため、お得な料金でカーリースを利用できるでしょう。設定した残価が実際の残価を上回っていれば差額が返金されます。

その一方で、設定した残価が実際の残価を下回った場合、契約した人は差額を支払わなければいけなくなってしまいます。契約終了時に高額な費用を請求される可能性があるのです。査定額との差額を支払えば車は自分のものになりますが、急な出費が必要になることを考えておかなければいけません。

また、車としての価値を下げてしまうとその分精算時の請求も高額になることが考えられます。事故を起こさないようにするのはもちろん、どこかにぶつけたり荒い運転をして車にダメージを与えたりしないように気を付けてください。

クローズドエンド方式

クローズエンド方式は、オープンエンド方式とは異なり残価を提示せずに契約する方法です。支払うのは月々の料金だけ済み、他の費用もかからなければカーリース終了後にお金が帰ってくることもありません。

メリット・デメリットは?

メリットとしては最後に高額な請求をされることがない点です。月々の料金を支払っておけばいいので、カーリース終了後に差額を精算することによる急な出費に備える必要がありません。残価を気にする必要がないため、オープンエンド方式に比べると気軽に車を運転できるといえます。

デメリットとしては、カーリース会社が残価を設定しないことでオープンエンド方式に比べ月額料金が高くなるケースがある点です。また、利用するカーリース会社によっては買取に対応していないケースもあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

おすすめはクローズドエンド方式

カーリースを初めて利用するという人や、車の運転に自信がない人、最終的にお得に済む可能性が高い方がよいという人は、クローズエンド方式を利用しましょう。

オープンエンド方式の方が月々の支払いが安くなる傾向がありますが、リース終了後に高額な残価をまとめて支払う可能性があることを考慮しなくてはいけません。乗っている間はもちろん、乗り終わった後のことも考えると、追加で料金を請求されないクローズエンド方式の方がおすすめだといえます。

運転は慎重に

いくらクローズエンド方式でカーリースを契約した場合でも、あまりに目に見える傷が多かったり車の状態が悪かったりする場合は、別途料金を請求される可能性があります。当たり前のことではありますが、車は慎重に運転してください。日常の運転でつくような傷に関しては、修理費を請求されないので安心してください。

カーリース契約時に確認しておくべきこと

カーリースは基本的に中途解約ができません。契約する際には、リース期間は何年から何年まで対応してくれるかを尋ねておきましょう。また、プランによっては走行距離制限があり、それを超えると料金を請求されるというものもあります。月額料金に含まれている内容、自分でお金を支払うのはどんな時なのかということも確認しておいてください。


カーリースのオープンエンド方式・クローズエンド方式について解説しました。それぞれメリット・デメリットや向き不向きがあるので、特徴をよく比較しておいてください。カーリースを何の不安もなく楽しみたいという人には、クローズエンド方式がおすすめです。詳しい内容は利用するカーリース会社によっても異なるため、少しでも疑問や不安な点がある人はきちんと尋ねて解決しておきましょう。

【長野県】おすすめのカーリース業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名カーポート須坂スズキ自販長野トヨタレンタリース長野ホンダカーリース長野ダイハツモータース
特徴車両販売、メンテナンス、車検・保険や車のことなら何でも相談できるスズキオリジナルの大型スクリーンカタログで車を探すことができるトヨタならではの4つの強みでビジネスに最適なクルマと安心を提供する好みのホンダ車をニーズに合わせて使用する合理的な乗り方が魅力のカーリースダイハツの新車が月々定額で乗れるスマートカーリースを提供している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧